THE SPOTLIGHT JOURNAL

マイペースに自分が興味ある事を書いてます。

これはダメだろ…。那覇市長選挙で対立候補に値段をつけてしまった琉球新報

21日日曜日、那覇市長選挙の投開票が行われた。この選挙は、玉城デニー知事ら「オール沖縄」の支援を受け2期目の当選を目指す現職の城間幹子氏(67)と、元自民党沖縄県連会長で前沖縄県議会議員の翁長政俊氏(69)との一騎打ちとなったが、投票が締め切られたとほぼ同時に城間氏に当選確実が出た。

 

最終的な開票結果は、城間氏が7万9677票(得票率65.2%)と、翁長氏の4万2446票(得票率34.8%)に大差をつけての勝利となった。これによって、9月30日の沖縄県知事選挙、10月14日の豊見城市長選挙に続いて、革新系が勝利した事になる。これを受けて、自民党沖縄県連会長の国場幸之助氏は、近く会長を辞任する意向を示した。

 

<参照>

沖縄県|NHK選挙WEB

 

しかしながら、この選挙で琉球新報が致命的なミスを犯してしまった。それが下のスクショ画像だ。

 

f:id:ExB8G7D6A7Ex:20181021232904p:plain

 

勿論、これは開票途中の記事であり、すぐに訂正された。

 

【那覇市長選開票速報】城間幹子氏7万9500票、翁長政俊氏4万2000票 午後10時30分現在、開票率98・69% - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

 

でも…「票」と「円」を間違えるって…???

 

琉球新報は、今年8月9日付けの記事で長崎に投下された原子爆弾「ファットマン」を広島に投下された「リトルボーイ」と混同して「ファットボーイ」と書いてしまい批判を浴びた(しかも、そのミスを5日以上放置していた)が、一体そのチェック体制はどうなっているのだろうか?

<関連記事>

長崎に落とされたのは「ファットボーイ」? 琉球新報、致命的なミス - THE SPOTLIGHT JOURNAL